不安がある時は外に出よう

人間悩みを抱えている時は、どうしても理屈や論理、根拠に対して意識を働かせているので、行動に制限がかかり家から出ない方がいらっしゃいます。

すると余計に悩みや課題を解決する方法が、ひらめかずに、深みにハマってしまうことがあります。

理由としては、悩みを抱えている時は主に左脳を使いますが、普段生活をしている家の空間では、右脳で管理している5感を刺激するものが少ないので、左脳に頼りがちになり余計に理屈で考えようとするので、いい考えが思いつかずに悩んでしまう可能性が出てきてしまいます。

ですので、不安や悩みを抱えている時は、少しでもいいので外に出て、

・風や日差しを浴びる

・散歩する

・軽く運転をする

等、右脳を刺激する行動を取ると、左脳より

右脳が有利に働くので不安や悩みから解放されて、前向きに考えやすくなります。

または、人に会う。外で食事をするなんかもいいかもしれません。

不安や悩みを抱えている時ほど、意識して行動を少しでも起こすことをお勧め致します。

 

うつ、離婚、浮気、モラハラ、暴力、アダルトチルドレン、HSP、アンガーコントロール、DV、性格の不一致、別居、セックスレス、復縁、不倫、暴言、夫婦関係、自傷、リスカ、インナーチャイルド、カウンセリング オンライン、仙台 仙台市