夫からの離婚宣告

夫の冷めた態度に心が悲しくなってくる

夫から離婚を告げられた直後から、

夫の態度に変化が起こることはよくあります。

その理由は大きな分けて5つあります。

①感情の起伏が激しい、騒ぎたてるなどの妻に対して精神的限界

②離婚することとなり、これからずっと一緒に居なくてもよくなり、今までのように気を遣わなくてよくなる

③妻以外の異性に興味の対象が移る

④今まで、夫自身の怨み、辛み、怒り、悲しみ 等の一次感情に蓋をしなくても良くなる

⑤元々妻に関心は無かったが、子供がいたりなど他の関係性をアピールする環境にあったが、その必要がなくなる

等です。

妻が心から、夫との夫婦関係を修復したいと考えるならば、夫の中にある①〜⑤の中で該当する理由を解決しなければなりません。

ただし、①〜⑤の中に妻自身が自分を変えることで改善が出来るものと、出来ないものがあります。

それは①です。

 

①の場合、自身の感情コントロール能力を高める。もっと本質的にいうと、感情が反応する事象にフォーカスして、その事に対しての解釈を変えれば、不安定な感情に対する改善は図れます。

他の番号は、課題のほとんどが夫の内側の感情や、気持ち、思考にあるため妻のコントロール外になります。

ただし、夫の中に妻に対する愛情や思いが僅かでも残っている場合は、解決が図れる場合も多々あります。

私のところに来るご相談者様の中にも、①以外の原因で夫から離婚を告げられたけど、夫の心の中に妻への思いが僅かでも残っていた為に、関係修復されたご夫婦はいらっしゃいます。

まずは、諦める前にご相談にいらっしゃって下さいね。

離婚、離婚届、モラハラ、暴力、アンガーコントロール、DV、性格の不一致、別居、セックスレス、復縁、連れ子、不倫、イライラ、暴言、夫婦関係などのご相談にのります。