夫婦喧嘩

夫婦に問題が起きたとき、2人で解決しようと試みても、たいがいどちらから片一方または、両方とも感情的になり、激しい口論になったり、勝ち負けの言い合いになる。

または、どちらか一方が黙りこくってしまう。

たいがい、感情で話をすると何について話していたか、論点がブレて余計に拗らせてしまう。

結果的に
メンタルが疲労し、倦怠感、脱力感、頭痛、動悸など、精神的、肉体的なダメージを受ける事になります。

円滑な話し合いをする為の知識、経験、能力がない夫婦の場合、結末は悲惨な結果をもたらします。

私の前でカウンセリングを受けていただく場合、話す課題はお2人で話し合ってきたこと一緒だとしても、穏やかに解決に繋がる話し合いの方法をご提案させていただきます。

夫婦としてこの先何十年も一緒に生活して行くわけですから、この先お2人の間にどんな問題や困難が起こるか分かりません。その度に、感情的、攻撃的、または黙り込むを選択していたら、幸せな夫婦生活を送る事が難しくなります。

ご提案させて頂いている話のルールは

①どちらか一方に合わせようとせず、どちらも納得出来る結論を考える。

②自分の求める事を明確にしてパートナーに伝える。

③感情的になりそうな場合は、冷静になる環境を整える。

④パートナーの発した言葉で判断せず、言葉の中に隠れている感情や思い、願望が何かを見るように意識する。

⑤お互いの心の中には「愛」があるという事を意識する。

などです。

以上、落ち着いて話し合いをする事が、解決、改善の近道という事を体感していただく経験を、一度でもしていただくと冷静に話しすることの素晴らしさに気づきます。

結果、

「今まで、何であんなに感情的になって話しをしていたのかな?」

「最後に喧嘩したのいつだったっけ?」

「自分やパートナーが何を求めていたのかがわかった。」

という。感想をいただきます。

ご夫婦は皆さん、問題、課題を解決するポテンシャルは持っていますが、その方法や手段がわからないだけで、どんな問題でも必ず解決出来ることに気づいていただければ幸いです。

離婚、離婚届、モラハラ、暴力、アンガーコントロール、DV、性格の不一致、別居、セックスレス、復縁、連れ子、不倫、イライラ、暴言、夫婦関係などのご相談にのります。