怒りという感情

自分の意と反して、怒りを抑えられない時があります。
そんな時、怒っている自分を「このままでは良くない」と気づき、怒りを落ち着かせようと努力をします。

しかし、簡単には治らないことで、私たちは感情をコントロールすることの難しさをよく知っています。
無理にコントロールしようとしても、少しずつうずいてきてしまいます。

感情をコントロール出来ないのはアダルトチルドレン・・・?

よく、
「相手を許す」とアドバイスが一般的ですが、

たしかに、許すことができれば怒りが静まるのでしょうが、許す為には相手の気持ち、立場、環境の理解、創造を膨らませて自分の中で相手を許す材料をなんとか見つけて、折り合いをつけるのかもしれません。

しかし、私は「許したい気持ちはありますが、それが出来なくて困っているんです」と訴えている方のカウンセリングをさせていただいているのです。

私からのアドバイスは

「怒りを感じているあなたは尊い」
「許せないあなた自身を許していいのですよ」
という承認と受容の言葉です。

怒りという感情が何処からきているのかを、
じっくりお聴きし、自己解決していただくお手伝いすることが私の役目です。

『気づいて思考』
苦しみ、悩みからの卒業はこれが基本という考えのもとに、カウンセリングをさせていただいております。

 

離婚、離婚届、モラハラ、暴力、アンガーコントロール、DV、性格の不一致、別居、セックスレス、復縁、連れ子、不倫、イライラ、暴言、夫婦関係などのご相談にのります。