生きづらさとは

生きるのが辛いとき、心に不安が巡りめぐります。
なんとかその不安を取り払おうとしても、考えないようにしても。
どうやっても不安はどっかに行ってくれず、
表面に出さないようにしたり、感じてないようなフリをしたり、自分に嘘をついたり。
したいことが出来ず、
後で後悔することをしてしまった。
しんどくなった。
そんな自分が嫌で、だからこそ変わりたい、変わらなくちゃならないと思い込んで
だけど、何が正しいか分からなくなってしまった。
この先、どうやって生きて行ったらいいのか、
わからなくて怖いのです。
本当は自分にも誰かにも、優しくありたかった。
やりたいことが出来ないのは、気持ちが休みたがっているからです。
心が休みたがっている時は、したいことが出来ない、そんな心と頭と身体がアンバランスな状態になります。
それは、決してもっている性格が原因ではありません。
あなたは、性格を変える必要はありません。
自分で変えられるねは、思考と行動です。
心が元気になれば、思考と行為が変わっていきます。
気持ちが楽になります。
前向きな気持ちになっていきます。
自分に自信が持てるようになります。
それは誰もが元々持っているものです。
弱り傷ついていたとしても、そこから這い上がろうとする力も持っています。
これまで、生き辛さを抱えていたとしても、未来は今からスタートします。

離婚、離婚届、モラハラ、暴力、アンガーコントロール、DV、性格の不一致、別居、セックスレス、復縁、連れ子、不倫、イライラ、暴言、夫婦関係などのご相談にのります。