自分は配偶者に危害を加える人間だと感じるモラハラ夫(妻)

自分は配偶者に危害を加える人間で、家族を含めた人間関係は自分がいることで、いい関係を築けないと感じているモラハラ夫(妻)はいるのではないでしょうか?夫婦関係に夫婦関係において自分を振り返った時に、自分は配偶者に与えるものが何もないと感じ流こともあるのではありませんか?

自分は与える側の人間ではなく、配偶者を疲弊させ、与えるものがなく、そのくせ依存し、甘えてばかりで、ワガママな人間だと自己評価をすることもあるのではないでしょうか?

この考え方が結果として、自分の人生に配偶者を精神的に受け入れようとしません。配偶者に苦労させるイメージしか頭に浮かばないからかもしれません。

◯自分が配偶者に対して害を与える存在であるという感覚を改善するステップです。

①キッカケになる物事は何か?客観的に見極める

意識的に時間を取り、呼吸に意識を向けましょう。自分が配偶者に危害を与える人間だという『解釈』が生まれた出来事は何か?細かく考えてみてください。出来るだけ早く事実に基づいて、正確に起こったことを振り返ってください。

②感情によって身体反応がどの様に起こっているか観察する

筋肉は緊張していませんか?呼吸は荒くありませんか?心臓はドキドキしていませんか?出来るだけ正確に、身体に表れている反応を言語化して紙に書き出してみましょう。

③内に発生している感情を受け入れる

自分が感じている苦痛感情は自身の感情です。普段通り生活していても、それらの感情は心の中で発生しています。ただし、過去に配偶者に危害を加えたとしても、外部の人間には見ることができません。

④状況に対しての今までとは別の『解釈・捉え方』を意識する

目の前で起きている状況に対しての『解釈・捉え方』は自分でコントロールすることが出来ます。『解釈・捉え方』→『感情』の順番で感情は生まれます。『解釈・捉え方』をコントロールすることができれば、間接的に『感情』をコントロールすることが出来ます。配偶者の言動に対して、今までとは違った見方を意識してみましょう。

⑤自分の中にある『毒』とおさらばしましょう

自分の中のマイナスな思考に意識を向け、気づきと共に腹式呼吸をしましょう。息を吐くときは、内なる『毒』を放出するつもりで行ってください。3分間、1吐きする事に自分の中の『毒』が減っていくイメージで行ってください。

◯チェックしてみてください

・キッカケになる物事は何か?客観的に見極めましたか?

・感情によって身体反応がどの様に起こっているか観察しましたか?

・内に発生している感情を受け入れましたか?

・状況に対しての『解釈・捉え方』を変えようと意識しましたか?

・自分の中にある『毒』とおさらばしましたか?

仙台にお住まいの悩みを相談したい方、モラハラ改善カウンセリング、夫婦カウンセリングを受けたい方はご連絡下さい。

離婚、離婚届、モラハラ、暴力、アンガーコントロール、DV、性格の不一致、別居、セックスレス、復縁、連れ子、不倫、イライラ、暴言、夫婦関係などのご相談にのります。