選択理論から考える夫婦の形

幸福な家庭では素直な自己概念が高い子が育つ傾向があり

こちらは根拠に裏付けされた真実です

広島大学の研究より

両親の関係が良質な環境で生活している子どもは、

ストレスへの耐性が非常に高く、また高い幸福度を感じます

また、

とある研究結果より、

既婚者は独身の方に比べ、8年以上寿命が長くなるという結果も

結婚当初は、幸福な結婚生活を願望に起き結婚します。

はたして、何が原因で結婚生活が壊れてしまうのか?

選択理論心理学において、人間関係の破壊の原因は

 

自分は正解

間違っているのは相手の方にあり

 

人間はそれぞれ、願望に違いがあり、

願望を成就させる為の最善の手段を選択してます。

より良い人間関係を構築するにあたり、最も大切なことは、考え方はお互い異なることを学び、相手の望む事にフォーカスし、

お互い満足することが重要であります。