離婚問題

離婚したいという相談を受けることがあります。

パートナーと離婚したいけれど、応じてくれないという相談者の話しを、よくよく聞いてみると、離婚したいわけではなく、自分の希望を聞いてもらえていないことから来る不満を解消したい、または自分を理解してほしい。相手がそこさえクリアしてくれたら、離婚する必要は無いと相談者が気付くケースが多々あります。

その場合はパートナーさんとペアでカウンセリングを受けていただきます。

お互いの良いところを言葉で発表していただき、また自分が相手に出来る事を提案していただきます。

会話の中で『あなたの〜が我慢出来ないから、やめてほしい。』とか、『お前の〜が苦痛で嫌だ。』というような、パートナーに対しての不満や愚痴は禁止にします。

最初は相手のいいところを話す事に対して、照れたり、自分が相手より下に感じるからなのか拒否されたりしますが、次第に1つずつ言葉に出来るようになります。そして、相手を見つめる表情が少しずつ柔らかくなってきます。すると、その後の相手に対して自分が出来ることを言葉にするのはスラスラ出てきます。

後は次回までの宿題を出し、パートナーが望んでいることを、最低1日5個以上おこなってていただきます。

2回目、お2人にお会いするとお互いに対しての、不満や恐れがなくなり笑顔まで出てくるようになります。

相手を変えようとするのではなく、自分の行為と言葉を変えることで、2人の関係がグッとよくなり良好な関係を築くことが出来ます。

離婚する必要のない夫婦に、良好な関係を築く方法を伝えていくことが私達の役目だと考えています。

夫婦仲良く

 

離婚、離婚届、モラハラ、暴力、アンガーコントロール、DV、性格の不一致、別居、セックスレス、復縁、連れ子、不倫、イライラ、暴言、夫婦関係などのご相談にのります。