正しさ=幸せ?

正しさ、正論は時に人の心を傷付ける事がある。

また、正しさや正論を振りかざしている自分自身もきずつけている。

 

「これが正しさだ!こうしなけばならない!」

「この場面ではこうするべきだ。」

 

こういった見方は時に相手だけではなく自分も傷つける。

なぜ、自分も傷つくのかというと、

相手が自分の正しいと思う「やり方」、「すべき事」をしようとしないから。

 

なぜ、この程度のことも出来ないの?

というように、自分が否定されたように思ってしまう。

自分を受け入れてくれないように感じて、

自分が大切にしてきたものを、

大事にしてくれてないと思ってしまうのだ。

 

そんな気持ちが自分自身を苦しめる・・

自分という存在が否定されたかのように感じる

さらに

それで、自分の心に少しずつ亀裂ができ深い傷ができる。

その痛みが、自分の感情を刺激し、怒りの感情を生む。

 

どうして?

 

その答えは簡単。

 

好きな人が傷つけられたら怒りが出てくるでしょう?

それとまったく一緒です。

 

心は、傷ついた自分自身を守ろうと戦ってくれている。

 

怒りのパワーで

目の前の状況を変化させようとしてくれている。

救おうとはしてくれている。

あなたの心が穏やかになるように。

 

実は、

気持ちや感情を穏やかな状態にするやり方は、他にもあるのだ。

怒りの感情を使う意外にも。

 

「正しさ」や「しなければならない」しか

やり方が分からなかった私達は、他の手段を知らない。

 

そこに苦しさが隠されている。

 

自分自身がそんな時に出来ることの1つは、

どんな状況であれ、悩んでいる自分自身を受け入れてあげることだ。

 

怒って感情的になってもしょうがないよねって自分に教えてあげよう。

そして、感情的になっている自分を慰めて。

「良く頑張ってるよ」って言ってあげよう。

そこからスタート

離婚、離婚届、モラハラ、暴力、アンガーコントロール、DV、性格の不一致、別居、セックスレス、復縁、連れ子、不倫、イライラ、暴言、夫婦関係などのご相談にのります。