相手との比較

今回は、会社や職場の同僚や上司との付き合い方をお伝えします。

会社に属することで得られるメリットとしては、やりたい仕事ができる、周りから評価される、チームとしての一体感、達成感などがあります。

会社には、それぞれ風土や空気感、伝統などあります。ただし、他人から見れば違和感や、理解出来ない事も多々あります。例にすると、一個人として社員を大切にしてくれる会社もあれば、組織に右ならえすることを良しとする会社もあります。一旦入社したら、周りに順応していくことも大事ですが、身体、心が悲鳴を上げないように、関わりを持っていかなければいけません。
皆様からよくご相談いただく内容としては、「上から言われ、違うと思ってもやらなければならない」、「上司から言われた以上は無理とわかっていても、何としてもやらなければならない」等の理由で、特に日本人はメンタル的にどんなに負荷がかかろうとも、使命感や責任感で成し遂げようとします。ただし、度がすぎると危険です。精神を病み実際にうつになってしまう方、精神から肉体を破壊してしまう人もいらっしゃいます。また、同じ職場で働く人たちは、同じ環境にいるので、不自然なことに気づかず同じようなリスクを皆んな抱えることになります。

ではどうすればよいか?

同じ会社以外の方でもよろしいので、仕事に対してワクワク楽しく仕事をすることが当たり前で過ごしている方(全体の5パーセントはいらっしゃいます)を見つけて、ねばならない仕事だけが仕事ではないことを知る工夫をしてみて下さい。
同じ仕事をしたとしても、捉え方が変わるので仕事に取り組む気持ちが変わってくると思います。

 

離婚、離婚届、モラハラ、暴力、アンガーコントロール、DV、性格の不一致、別居、セックスレス、復縁、連れ子、不倫、イライラ、暴言、夫婦関係などのご相談にのります。