離婚問題

パートナーからの反応が無い。

離婚して欲しいと強く言われる。

何を言っても気持ちが変わらない。

こんな状態のままで、解決の希望が見えない

努力は、精神的に疲れますね。

カウンセリングを受けてくださるクライアントさまから、このような訴えを話されることが多いです。

話し合いの中で気持ちがまとまり、

理解不能なパートナーの考えや態度、行動の理由が理解でき、沈みかけていた心のパワーがでてきて「よし!いける!!」という気持ちが出て来るけど、少し時間が経過すると、また気持ちがザワザワし出しますよね。

そして、疲れちゃって「もうやめた!!」と諦めたくなる。

たいがい、ざわざわし出す原因は

「愛情を感じない」

と感じるからだと思います。

夫の対応が冷たいのも、離婚を言ってくるのも

「私に冷めたから」

もうこれ以上我慢したり、頑張るのは辛すぎるし、夫の負担になるしって、考えちゃいますよね。

冷めた顔して無視したり、ため息ついたりする夫を見ていると、そんな風に思うのは当然だと思います。

ですが、今までご夫婦をカウンセリングして感じることは、たいがい旦那様がこうなった原因は、

奥様のこれまでの態度や言葉から愛情を感じないと感じた。

(不貞腐れている)

職場や友人、家族などの人間関係など、全般にわたって八方塞がりになっている。

(八つ当たり)

たいがい、この2つの原因がウエイトを占めています。

純粋に奥さんに対する愛情が薄くなったいるケースは、ほとんどありません。

あなたは、愛されていますよ。

仮にいっとき私を嫌いだと感じていても、再び好意を持ってくれる。

今の領域に踏みとどまって、愛情を向けてもらえるように、諦めないで下さい。

1番よろしくないのは、悲観すること!

大丈夫、大丈夫と楽観的に考えていると、気が付いたら、いつの間にか仲良しになっていたということが、めっちゃくちゃ多いです!

大丈夫、大丈夫

 

離婚、離婚届、モラハラ、暴力、アンガーコントロール、DV、性格の不一致、別居、セックスレス、復縁、連れ子、不倫、イライラ、暴言、夫婦関係などのご相談にのります。